株式会社御法川工場

環境に優しいオイルバーナ・ガスバーナの製作

会社案内

会社概要

商号 株式会社 御法川工場(ミノリカワコウジョウ)
代表者 鎌倉 毅彦(カマクラ タケヒコ)
所在地 【本社・工場】
埼玉県川口市本蓮4丁目3番5号 地図
TEL 048-282-8800 FAX 048-282-8877
資本金 31,000,000円
設立 明治23年(西暦1890年)7月1日
取扱い製品 各種燃焼装置、その他これに関する諸機械の製作
従業員数 10名(2019年6月現在)

 

会社の沿革と業務概要

1890年明治23年  初代御法川直三郎が自らの発明による蚕糸機械の製作・自販を目的に、御法川工場を創立。 
1897年明治30年 繭乾燥機の発明から石炭燃焼機を開発。
1914年大正 3年 29式石炭燃焼機として、当時の陸海軍、鉄道省、各種工場などに納入。
1919年大正 8年 多条繰糸機を開発し、当時の片倉製糸紡績(株)と提携。
1926年大正14年 この繰糸機で生産された生糸が、フィラデルフィア万国博で名誉大賞を受賞。
1930年昭和 5年 御法川直三郎死去。会社経営を御法川三郎が継承し、翌年、会社組織を“合名会社”に変更。
1932年昭和 7年 自動給炭機を開発し、各地の工場、ビルなどに多数納入。
1939年昭和14年 船舶用の自動給炭機を開発し、当時の新造船に多数納入。
1943年昭和18年 会社組織を“株式会社”に変更。
1948年昭和23年 ロータリ油バーナ・スペースオイルヒータ・油だき温風暖房機の開発を完了。翌年から米国陸軍などへ多数納入。
1956年昭和31年 灯油だき温風暖房機を南極観測隊昭和基地に納入。翌年以降も引き続き出荷。
1959年昭和34年 全自動ロータリ油バーナを電報電話局に納入し始め、全国の電報電話局に多数納入。また、ガンタイプ油バーナの商品化を完成。
1964年昭和39年 バーナ出荷台数の増加に伴い、大阪出張所を開設。
1967年昭和42年 運輸省船舶技術研究所との共同開発を行い、舶用油水分離器を商品化して多数の船舶に設置。
1969年昭和44年 御法川三郎死去。御法川芳男が会社経営を継承。
1970年昭和45年 国内のガス燃料の普及に伴い、米国ミドコ・インターナショナル社との技術提携を基に、(株)ミドコ・ジャパンを設立。関連会社による国産ガスバーナの製作と市販を開始。
1975年昭和50年 HP型油圧噴霧式バーナを開発し、加圧燃焼ボイラに多数納入。
1980年昭和55年 代替エネルギー政策で、自動給炭機の再開発を行い、北海道地区に納入。
1982年昭和57年 韓国及び東南アジアへの輸出が活発となり、韓国企業と業務提携を締結。
1985年昭和60年 業務の円滑化を図ることを目的に、営業部門と工場を川口市飯塚に集結。
1994年平成 7年 御法川芳男の退陣を期に営業部門と工場を現在地に移転し、翌年にメンテ部門も統合。現 代表取締役 久保木勇が会社経営を継承。
2001年平成13年 バーナ試験室・検査場の充実続行。ホームページを開設
2018年平成30年 代表取締役久保木勇が退任し 現 代表取締役 鎌倉毅彦が会社経営を継承

 

現在、当社は業務用及び工業用の各種燃焼装置と、これらの応用設備装置の製造販売を行い、更に公害防止機器・省エネルギー機器の開発研究とその商品化を進めています。